皮膚の炎症性疾患の一種|敏感肌にも効果的な化粧品|お肌に栄養与えましょう

敏感肌にも効果的な化粧品|お肌に栄養与えましょう

皮膚の炎症性疾患の一種

背中

特徴と違い

ニキビとは皮膚の炎症性疾患の一種です。毛穴が古い角質や皮脂が詰まることによっておこり、酷い場合には毛穴が破けて炎症が広がってしまいます。皮膚の奥まで傷ついてしまうと跡となってしまうこともあるため、しっかり治すことが大切です。ニキビは思春期にできるものと大人になってからできるものの二種類があるのが特徴です。思春期にできるものは成長ホルモンが多く分泌されることによって、皮脂も多く分泌されることで毛穴が詰まりできやすく、ホルモンバランスが整ってくる20歳前後になると自然に収まってきます。大人ニなってからできるものは、不規則な食生活やストレス、スキンケア、化粧品などさまざまな要因によって引き起こされます。

皮膚科での治療法

ニキビを改善するためにはセルフケアも可能ですが、キレイに早く治したいという場合には皮膚科での治療が有効です。ニキビは皮膚の炎症性疾患ですので、皮膚科で治療することができます。皮膚科では原因菌であるアクネ菌を殺菌する抗生物質や毛穴を詰まるのを防ぐ外用薬を処方されたり、炎症が重度の場合には内側から治療する内服薬の抗生物質が処方されるほか、ホルモンバランスが崩れているときなどは低用量ピルの処方、抗男性ホルモン薬の処方などが行なわれます。また、食生活に問題がある場合にはビタミン剤が処方されることもあります。ほかの治療としては、毛穴のつまりを取り除く面皰圧出、保険適用外ですが古い角質を除去するケミカルピーリングなども効果的です。